トラック3

10.18(sun.) 15:10-16:00

エンジニアがNPOで働く未来:STO(ソーシャル・テクノロジー・オフィサー)創出プロジェクト

概要

STOとは、経営視点からNPOのIT導入や活用を担う人材のことです。今回のセッションでは、STOとは?エンジニアがNPOと協働するコツは?など、STOに関すること全てをまとめてお伝えします!また、今後立上げ予定のSTO関連のプロジェクトもこの場で宣言します。社会課題解決に興味があるエンジニアの皆さん、ぜひご参加ください!
【内容】
・STOとは!? ・日本NPOセンターのアンケート集計結果ご紹介 ・登壇者パネルディスカッション ・今後のSTO関連イベント紹介
【キーワード】
・NPOになぜIT人材が不足するのか? ・NPOでのIT利用の課題って? ・具体的にどんなことでNPOは助かった?
※本セッションは株式会社NTTデータのご寄付により開催されます。

Youtube Live
UDトーク(ブラウザで閲覧用)
UDトーク(アプリで編集用・閲覧用)
Google Photo
全体向けコメント・感想はこちら(slido)

登壇者

関 治之

一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事。
「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をテーマに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。東日本震災時に情報ボランティア活動を行なったことをきっかけに、住民コミュニティとテクノロジーの力で地域課題を解決することの可能性を感じ、2013年に一般社団法人コード・フォー・ジャパン社を設立。

Facebook
Twitter

鈴木敦子

NPO法人ETIC. 事務局長/ディレクター
1971年生まれ。早稲田大学第2文学部卒業。N P O 法人ETIC .理事 兼 事務局長。ETIC.は創業期よりともに立ち上げる。年間約2000名の起業家や学生の起業相談、キャリア相談を受け、約100社のベンチャー企業と学生のインターンシップのコーディネートなどの実績がある。現在は、マネジメントサイクル全般、主に人事、組織作りなど担当。

低引 稔

2006年にNPO法人フローレンス入社。病児保育事業部長、おうち保育園事業立ち上げを担当。
2011年に認定NPO法人カタリバ入社。経営管理本部ディレクターとして、組織の成長を基盤づくりから支える。
2018年に独立し、バンガシラをスタート。ソーシャルベンチャー向け組織基盤づくりのハンズオン支援や、社会的投資事業の立ち上げ・運営に取り組んでいる。

鈴木 和樹

1981年5月13日生まれ。
NPO法人POPOLO 事務局長
NPO法人フードバンクふじのくに 事務局次長
全国フードバンク推進協議会 理事
子供のころに生活保護を受給した経験を持ち、祖母と叔母に育てられる。社会に助けられた自分だからこそ、困っている人の役に立つ仕事をしたいと考え、2007年より路上生活者やネットカフェ難民の方々に対しての支援活動をはじめる。
現在は、NPO法人POPOLO事務局長として、食料支援であるフードバンク活動、生活困窮者の自立支援施設である富士POPOLOハウスの運営、キャリアコンサルタントとして、長期離職者を対象とした応募書類の書き方講座等を実施。

グラレコ

エンジニアがNPOで働く未来:STO(ソーシャル・テクノロジー・オフィサー)創出プロジェクト グラレコ