トラック2

10.18(sun.) 12:10-13:00

東京都コロナ対策サイト エンジニアリングトーク!

概要

シビックテックのベストプラクティスとして話題になった東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト。このセッションでは、そのエンジニアリング面をフィーチャリング。対策サイトの開発コアメンバーと、NuxtMeetupのkotamat氏をお迎えしてお送りします。
シビックテッカーである前に単純に技術好きなメンバーによるエンジニアトークを思いっきり繰り広げます!
【トークテーマ】
○東京都コロナ対策サイトでNuxtを選定した話
○その他、選定された技術・サービスの話
○選ばれなかった技術・サービスの話
○エンジニアコミュニティの話
…などなど、今だから話せる話題が飛び出すかも!?

参考:東京都の新型コロナ対策サイトはなぜNuxtJSだったのか? ─ シビックテックのベストプラクティス

Youtube Live
UDトーク(ブラウザで閲覧用)
UDトーク(アプリで編集用・閲覧用)
Google Photo
全体向けコメント・感想はこちら(slido)

登壇者

小副川 健

博士(理学)。専門分野は数学、特に計算機代数学・計算科学・データサイエンス。筑波大学大学院で数理物質科学研究科博士課程を修了後、2012年より富士通株式会社にてデータ分析業務や人工知能の研究開発に従事。2018年からユーザベースにてSPEEDA日本事業のチーフデータサイエンティストを務める。

池田 達哉

alma.inc エンジニア / Code for Youth メンバー
大学の講義をきっかけに CivicTech に興味を持ち、1年半ほど Code for Japan にインターンとして関わる。2017年のサミットで各地のブリゲードで活躍する若手や興味を持つ学生でセッションを開催し、共に Code for Youth を結成。メンバーの1人に誘われる形で2018年に alma.inc の創業に参画し、今もプロダクトの開発をリードし続けている。学習院大学4年。

Twitter

松本 宏太

ROXX CTO。大学在学中に学生向けクーポンサービスの立ち上げ、技術責任者としてインフラからサーバサイドの技術を担当。2013年に株式会社オルトプラスに転職後はサーバサイドエンジニアとして運用を担当。そのノウハウを使ってベトナム子会社立ち上げの際にマネージャーとして担当。日本帰国後は2つのゲーム立ち上げを経験。その後、シード企業を対象とした、技術・資金の投資支援事業の技術担当者となり、株式会社ROXXにCTOとして転職。現職ではエンジニア向けの採用広報からセキュリティー、評価、インフラからフロントエンドまで開発に関わることの全般的な責任をおっている。

今村かずき

Code for Japan / Code for CAT。インフォ・ラウンジ株式会社Webデベロッパー。ITコミュニティ「Django Girls Tokyo」運営。東京都コロナ対策サイト運営コアメンバー。GitHub女将と呼ばれています。

グラレコ

東京都コロナ対策サイト エンジニアリングトーク! グラレコ