トラック0

10.18(sun.) 11:25-12:00

キーノート

概要

DXの先にある新しい社会- 鍵はシビックテックにある - と題して、これからの社会でシビックテックがどんな可能性を秘めているのか、市民(civic)と行政(gov)はどのように共同・連帯しながら社会を動かしていくのか、慶應義塾大学宮田先生とCode for Japan代表関が対談形式で話します。

Youtube Live
UDトーク(ブラウザで閲覧用)
UDトーク(アプリで編集用・閲覧用)
Google Photo
全体向けコメント・感想はこちら(slido)

登壇者

宮田 裕章

慶応義塾大学医学部 医療政策・管理学教授。
2003年東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修士課程修了。同分野保健学博士(論文)。早稲田大学人間科学学術院助手などを経て、2014年東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講教授、2015年より現職。ヘルスデータサイエンス、医療の質、医療政策が専門で、医療ビッグデータの活用を提唱や実践に取り組んでいる。新型コロナ対策では厚生労働省とLINEと連携して全国調査を実施した。

関 治之

一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事。
「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をテーマに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。東日本震災時に情報ボランティア活動を行なったことをきっかけに、住民コミュニティとテクノロジーの力で地域課題を解決することの可能性を感じ、2013年に一般社団法人コード・フォー・ジャパン社を設立。

Facebook
Twitter

グラレコ

キーノート グラレコ